観光スポット/レジャー

八幡神社

八幡神社

海に突き出た半島の先の小島まで、小さな八幡橋を歩いて渡ると現れるのが八幡神社。大漁祈願、海上安全等漁業の守り神。
旧1月17~19日には八幡祭が行われ、勇壮な弓引神事が行われる。
季節には美しい紫陽花が境内を飾る。
答志島を愛した歌人・柿本人麻呂がこの島を題材に詠んだ句が、歌碑に刻まれ、ここに残されている。

創立年代は不詳であるが、『志陽略志』には、八幡宮の名が記されている。明治41年、大築海神社、明治42年に小築海神社を合祀して、八幡神社となる。
八幡祭りの舞台でもあり、寛文11年の棟札が残されている。107段ある会談の入り口には、柿本人麻呂の歌碑が建立されている。
本殿は神明造り。神紋は丸に八の字である。祭神は八幡神ほか。祭祀は、旧暦1月例祭・弓祭が行われる。

鳥羽市観光情報サイトより引用

八幡神社
八幡神社の鳥居に続く赤い橋

当店より450m…徒歩で5分

Loading map...

Loading

Return Top