えんじょい!答志島

三重県最大の離島へ。船旅もまた楽し、答志島

答志島は、今もなお自然の素晴らしさと多くの歴史・文化を残しています。
街の喧騒を忘れて潮風に吹かれながらのんびり歩いてみませんか?

答志島

答志島について

答志島(とうしじま)

三重県最大の有人離島。答志地区、和具地区、桃取地区の3集落から成る。

面積:6.98km
周囲:26.3km
世帯数:769世帯
人口:約2,578人

答志島イラスト

答志島ってこんな感じ

狭い路地がつづく町なみ

豊かな恵みの海と素朴な自然に囲まれた答志島は、どこか懐かしさ香る町並みが残る活気あふれる漁師町です。

島に来て一歩踏み出せば、そこに息づく島民の暮らしぶり、気さくな島民とのふれあいのひとときにきっと心いやされることでしょう。

島風景 – 桃取で見る夕焼け

島風景 – 桃取で見る夕焼け

この日、桃取エリアで見ることができた夕焼けの景色です。海がキラキラ照らされてキレイでした。ちなみに答志エリア、和具エリアからはこういった感じで夕焼け見ることはできません。夕陽の代わりに朝日がとってもキ…
答志島フォトギャラリー:答志島の人

島で暮らす人 – タコ壺掃除

答志島のいたるところに無造作に置かれているタコツボ。タコ漁が盛んな時期になると、次の漁に向けてタコ壺をゴシゴシこすってキレイに掃除します。キレイ好きなタコに選ばれし壺でなければ漁は成立しないんですね。…
答志島フォトギャラリー:街並み

島風景 – 雨が去って...

軒下に仲良く並ぶ傘...。3世代、4世代で一緒に暮らす大家族が多い答志島では、雨が降った翌日はこんな光景もよく見られます。
「今から船乗ります」からのご予約(日帰り・喜久屋で昼食)

「今から船乗ります」からのご予約(日帰り・喜久屋で昼食)

昨日ご来店のお客様は、三重県内からお越しのリピーター様。前回は2週間前に同級生3名様で、今回はいつもグルメ巡りを共にしているご友人と2名様でご予約くださいました。 あまりにもいい天気で急きょ思い立って…
答志島フォトギャラリー:ひだまり

島で暮らす人 – ひだまり

ポカポカ陽気に誘われて、「えぇ日ぃやの~」の挨拶で自然と集まる笑い声... 喜久屋の前にある通称『六地蔵尊』と呼ばれている憩いの場。シュールな呼び名のこの場所で、今日もシュールな会話が飛び交っています…
答志島フォトギャラリー:ワカメ作業

島風景 – ワカメ作業

この時期、和具港で船を降りるとまず飛び込んでくる光景... 和具港周辺の海岸沿い一帯で、沖で刈り取ってきたワカメの作業風景をみることができます。 同時に付近一帯に広がる磯の香もまた旅情を誘うことでしょ…
答志島フォトギャラリー:ガソリンスタンド

島風景 – 油屋

「あぶらや」とはガソリンスタンドのこと。セルフではありません。ガソリンを入れてほしいときはインターフォンで呼ぶと、路地の奥からスタッフの方が駆けつけてくれます。
答志島フォトギャラリー:びん玉

島風景 - ビン玉

今では使われなくなったガラスのビン玉(浮き)もまた島の景色にそっと彩を添えています。
Return Top